おすふん歌謡祭2 レポと感想

*とっても曖昧です。記憶違いとかたぶんいっぱいあります。

 

おすふん歌謡祭2行ってきました。前回が楽しかったのでまたやってくれて嬉しい。
受付で参加費(1000円!)を払ってから予約のときの番号がついた整理券をもらって整理番号順に入場。外で待つことになるのであんまり早く来すぎないほうがいいかも…?
30番台後半で三列目真ん中らへんでした。最前列と通路側はキャストがいっぱい通っていろいろしてくれるので狙い目ですかね。

 

・入場時ハイタッチ
入り口のところにキャストがずらっと並んでてハイタッチする感じです。きほん挨拶だけでおしゃべりは難しいかな。ソンデの背の高さ脚の長さと顔のちっちゃさはんぱない。




・お洋服メモ


木戸くん:青のニット帽(首の細さが目立つ)、赤いパーカーに黒のTシャツ、細身のジーパン/黒のスニーカー、全体的にタイトな感じ

一馬くん:ゆるいトレーナーっぽいの 途中で暑くなったのかトレーナーは脱いで白黒の半袖Tシャツにチェンジ

ぐっち:青と緑のセーターにジーパン ぐっちにしては普通っぽい?髪切って男らしくなったね

諒くん:緑のパーカーに派手なTシャツ、ヒョウ柄のハーパン とにっかく濃い

ジャスティン:水色のシャツに紺色のパーカー お坊ちゃん風味

ソンデ:黒のゆるい感じのセーターにジーパン。セーターの下からインナーがチラチラ(笑)

 

・海斗ソロ「ふんどしは稲妻のように」


おすふん二話で披露された新曲。後ろから客席のあいだ通って登場する邑弥とバックダンサーズ。そういえば生で思いっきり踊ってる木戸くんを見れたのはそうとう久しぶりですね。途中で、片手で逆立ちして一瞬止まるブレイクダンスっぽい技(伝われ)をやっててめっちゃかっこよかった!


で、曲終わってトーク。司会は邑弥と、ドラマ版の監督の根本さん。
台本読みながらちゃきちゃき進めようとする邑弥と無茶振りしまくる根本さん、いいコンビだったと思います。邑弥は途中「台本読みすぎ!」って突っ込まれてた。
あとは周りのわちゃわちゃしたボケを「それは置いといて」で切り捨てて進行しようとする場面が多々(笑) 監督に「うわー関西人…」みたいに言われてた(笑)

ドラマでのこの曲の衣装の話。最初は迷彩っぽい服だったんだけど「もっとアイドルっぽくしよう!」となって、美咲に用意されていたフリル付きのブラウス(日野原の謎解きシーンで出てくるやつですね)とそのとき現場にいた林希さんが穿いていた生暖かいサルエルパンツを着ることになったそうです。レディースでも全然着れちゃうのね…。でも次回があったらウタプリみたいな衣装もみてみたい(笑)

 

・及川ソロ「この胸のときめきを」


「及川は見た」のラブソングバージョン。さすがの歌声ですっごい気持ち良さそうに歌ってました。一馬くんの歌はもっとガッツリ聴きたいからそういう仕事来ないかな〜

 

・海老ちゃん、君ちゃんからのビデオメッセージ
海老ちゃん。まじめな感じのコメントと出演中の舞台の告知。海老ちゃんは普通にしゃべってると当たり前だけど白神とは全然ふんいきが違っててほんわかしてて可愛い。


君ちゃん、引きでテニスラケット振ってる映像からスタートして完全に出落ち。
で、カメラに気がついた風に近づいてきてしゃべりはじめるんだけどしゃべりながらめっちゃラケット振ってくる。風切り音すごい。何しゃべってたか忘れました。
最後は僕もここで一曲歌います!と言って、さぁ歌うかってところでブツッと映像が切れてざーっと砂嵐に(笑)

「いいところで映像の調子が」「まぁみんな君ちゃんの歌聞きたくないよねー」とか言っててふんどし部の君ちゃんいじりがひどい。客席からは聞きたかったーって声がしました。

 

・羽鳥兄弟「Oh!My!ガー!沖縄 Part.2」
諒くんのマイクを、高さ調節しないとねーって言いながら超高くする邑弥さん相変わらずでした。人をいじってるときの邑弥さんはなんだか生き生きとしてる。


ジャスティンはギター生演奏!ソンデはタンバリンで諒くんはカスタネットでした。ジャスティンは人前でギターを披露するのは久しぶりということで緊張してましたが、はっきり分かるようなミスはなかったと思います。


ジャスティンとソンデは仲良しなんだけど、撮影が少なくて宿泊所で待ってることが多くってそのときに喧嘩したりもしたそうです。ネタのアイデアを出し合うんだけどそれが食い違うと喧嘩になったり。一回それが行き過ぎて監督に怒られたこともあったそうな。「喧嘩するほど仲が良いってやつですね!」(グッカム30号のソンデくんのページにも似たようなことが書いてありますよね)

 

・フェロモン勝負


おすふんメンバーでくじを引いて当たった三人で、北川の「ストップ!フェロモン」を歌って誰が一番フェロモンがあったかで勝負するという内容。判定は観客の拍手の大きさです。

当たりくじを引いたのは邑弥、一馬くん、ソンデ。

三人で本気のじゃんけんして歌う順番決めをした結果、1番邑弥、2番一馬くん、3番ソンデ、という結果に。リハでも本番でも当たりを引いた上にじゃんけんでも最後まで負けるソンデ…笑

監督「これビリになったら罰ゲームあるからね」
「「これ歌うの自体が罰ゲームだよ!!」」

 

*邑弥のストップフェロモン:
怒濤の腰振りに客席降りに投げキッス、さらには服めくって腹チラさせたりと大サービス(笑) とてつもなくレアなものを見ました。服めくった瞬間ふつうに笑ってしまったのは申し訳ない。最後の「ストップ!」がなんかヤケクソっぽくて面白かった

*一馬くんのストップフェロモン:邑弥に負けずと終始どや顔気味でカッコツケでやってくれました。腹チラはさすがに邑弥しかやんなかったけど。

*ソンデのストップフェロモン:
あんな生き生きとしたソンデを初めてみた気がする。ソンデくん超かっこいいのにいまいち大人しいというか出たがらない感じなのに、今回はすっごい自信ありげに客席を煽ってた。

で、 判定。邑弥への拍手が70ちょいデシベルくらい一馬が60ちょいデシベルくらい(デシベルは全て監督の独断 実際は74とかはっきり数字言ってたけど忘れた)で、ソンデと邑弥とが僅差だったので、再審査ということでもっかい二人で歌うことになりました。監督ナイス提案!

邑弥とソンデがおでこひっつけてバチバチやってて(デニミュの海堂と桃城がよくやるあれ)あまりの顔の近さに客席からちょっとだけ悲鳴上がってた(笑)

*邑弥とソンデのストップフェロモン:いきなり後ろにあったなんか棚?机?みたいなところに寝そべってグラビアポーズ?みたいなソンデ。バチバチして二人で目を合わせたりしつつ客席を縦横無尽に駆け回る二人。そのあとのブログでソンデは楽しかった、邑弥は絆が深められた、って言ってましたが、本当に楽しそうでした。スタイルとかキャラとか好対照でいいですねこのふたり。

で、二人の結果。ほとんど一緒でしたが邑弥のほうがちょっと多い?ということで勝者邑弥。熱い少年漫画風にお互いを讃え合う邑弥とソンデ。ソンデにこれからのフェロモンはまかせた的なことを言われた邑弥がそれは無理って返してたの面白かった。賞品はスタッフさんの使いかけ香水(グッチ)でした。終わってあらためて、竜司くんも君ちゃんもすごいな!という話になりました。まぁたしかにこういう感じはこの三人にはあんまし似合わないかな…(笑) これはこれで可愛いし面白いけど。

そうそう、三人ともどっか一カ所は歌詞飛んでました。邑弥がサビで歌詞間違えて(歌ってる途中で~じゃなくて!みたいになってた)ちょっとwって思ってたら一 馬くんもソンデも歌詞飛ばしたし、最後の邑弥vsソンデは仲良く同じところが分からなくなってたw まぁ歌詞どころじゃない感じではあったけど

 

・上山くん、なっちからのビデオレター


なぜか結婚式のビデオレター風にしゃべりだす上山くん(笑) 途中で「え、これキューブの社員さんの結婚式用じゃなかったんすか?まじで?」ってなってそこからは普通に上山さんらしい(矛盾)コメント。美咲と二人バージョンのストップフェロモンはゲリラで撮ったとか言ってました。
終わってから監督がこれ全セルフプロデュースだよって言ってた。あとゲリラじゃなくてちゃんと許可はとったのことです(笑)

なっち パコの公演の幕間に撮ったらしく?衣装のナース服でした。画面うつった瞬間に客席から可愛い~って声上がった。イベントにまでなっちさんがコメントくれるなんてありがたや。



で、この二人の話に
上山くんは途中から沖縄入りして撮影期間が三日とかしかなかった。睡眠時間がほとんどなくて(君沢さんがどうせ1時間くらいしか寝れないから寝かさないようにずっと話しかけてたりとかw)撮影中に北川が気を失ってるガチ寝したこともあったw
なっちの話は、定番の諒くんがなっちにヒゲを剃ってもらったって話。
あと、一馬くんは七海役の澪乃ちゃんとはどうだった?みたいな話になったんですが「リアルに…澪乃ちゃんまだ16歳とかだから犯罪になる…笑」とのことでした。澪乃ちゃん16歳もびっくりだけど一馬くんがそんなに大人になったのもなんかびっくり…笑

 

・スター誕生のテーマ

ドラマ本編で勝連城で踊ってたやつ。ドラマ版ではふんどし姿でしたがこっちでは脱ぎませんでした(笑)最後のエアギターっぽい振り付けが可愛くて好きです。木戸くんニット帽で暑いのかこめかみにちょっと汗かいてたのがなんか色っぽかった。

 

・白いふんどし(wacci生演奏)

ニコニコしながら視線を交わす邑弥と一馬とかそれぞれのソロパートとか二人でひとつのマイク使うジャスティンとソンデとか見所多い曲です。この曲になると邑弥さんの笑顔が更に割り増しなった気がする。ぞくふんでこの曲を歌いながら泣いてた邑弥さんを思い出してじーんと来たり。

 

・wacciライブ


ボーカル橋口さんのゆるっと面白いトーク。木戸くんと赤い服がかぶっちゃって〜みたいな話とか。半分金髪のお兄さんのライブパフォーマンスがすごい好きです。弾けた笑顔でぴょんぴょん飛んだりしてて見てるだけでこっちも楽しくなってくる。例の二の腕シェイプのアレもやりました。後ろで聞いてる邑弥がたまに歌詞に合わせて口動かしててほんとに好きなんだなーと。あとソンデがけっこうノリノリだった。歌ってくれた曲は「ここからはじめよう」、「Weakly Weekday」、「東京」

それからドラマエンディング曲の「同じ空の下」「誰ニモマケズ」 これにはおすふんメンバーもステージに来て踊りました。笑顔でメンバー同士で目を合わせるのがほんっっっっっとに可愛いかった

 

・物販


物販コーナーにおすふんメンバーが立っていてくれました。こういうとき一馬くんはちょっと遠くても目が合うとぱぁぁってすっごい笑顔になってくれて素敵。
ぐっちが注文聞いてお金の受け取りはスタッフさん、ソンデくんが手渡ししてくれました(が、たぶん適当に変動する)。他のメンバーは後ろでわちゃわちゃ。一馬くんが列のすぐ近くに来てくれて話しかけてくれしました、が、上手く会話できなくて申し訳なかった。境界線がないと怖い…笑 

ぞくふんDVDとかおすふんタオルとかいろいろ売ってました。ぞくふんDVD買っていく人が多かった気がする

 

・あとどこでしゃべったか分からない話
沖縄での撮影中は、ホテルとかじゃなくて一軒家みたいなところを借りて、合宿みたいにみんなで生活してた。君沢さんが寮母さん。宿泊所の冷凍庫に日野原のポナポナが置いてあったんだけど、みんなが食べちゃって撮影で必要なのに足りない!ってなって大変だった って話もしてた


時間が経ってしまったのでめっちゃあやふやでしたが以上です。第三弾もやってくれると信じて!