読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニミュ2nd青学vs比嘉:7代目青学と比嘉キャストの雑感

テニミュ2ndシーズンの青学vs比嘉をライブビューイングで見てきました。

個人的なキャストの雑感を書き残しておきます。

 

▽七代目青学

とにかく歌が上手い!ハモりがきれい!声が揃ってる!デビュー公演にも関わらずすごい安定感だった。ダンス・演技・再現度のどこを見ても不安になる人がいない。関東を制して万を辞して全国に挑む青学にぴったり。あと一緒に見てた子は「ブランニュー青学」で泣いたって言ってた。

 

リョーマ/小越勇輝

もはや安定感しかないただの王子様。試合前からすでに「あ、このリョーマさん絶対負けない」っていう貫禄を醸し出してた。

ビッグバンを受けたときのラケットの飛びかたが派手になってた。すごい後ろのほうまで飛ぶんだけどなにか仕掛けでもあったのだろうか。

「be cool」のかっこよさは天井知らず。蹲った田仁志くんの上にちょいっと乗る振り付けがとてつもなくかっこいい。

なんとなく仕草というか指先の感じ?が龍輝さんに似てきた気がする。

 

・手塚/多和田秀弥

細い!手足も細いし肩幅も華奢にできてる。髪型がナチュラルにセットされてて好き。

歌が上手かった。いきなりソロの「よみがえりし者」は本当ずっと聞いていたくなる上手さ。

ダンスもやたら上手い。「俺は殺し屋と呼ばれる男」でのダンスがすごく目を引く。超キビキビ動くのに顔は手塚のままの無表情だからなんか面白かった。

関東大会までの手塚はリョーマより高いところにいる道標だったけど、全国大会からの手塚は肩を並べて共に戦う仲間なんだな、と思いました。

終演後の挨拶であたたかいが言えなくて三回ぐらい言い直してた。中の人はなんだかゆるふわ。

 

・大石/山本一

大石が無駄にイケメンなのはテニミュ的デフォルトだけどこの大石はイケメンというより美青年って感じ。

前任の平牧さんがほんと大石を演じるために生まれてきたレベルの大石だったから違う人になって受け入れられるか心配だったけど、全く違うタイプの大石を見せてくれたから受け入れやすかった。平牧大石が溌剌としていたのに比べて、穏やかでオカンな大石。けど内に秘めたる闘志みたいなのも見せつつ。手塚に勝負を挑むところなんかは男らしかった。

「ファイト&ウィン」すごく安心して聞けた。よく通るいい声をしてる。「ブランニュー青学」は大石ソロから始まるんだけど安定しすぎ。新青学のなかだとたしか一番芸暦が長くて表情やらの演技もよかった。

そして歴代キャストのなかでいちばん触角が太い。刈り上げもちゃんと再現されてた。

 

・菊丸/黒羽麻利央

割と男らしくすっきりした顔立ち。最近の子な雰囲気でなんかシーブリーズのにおいがしそう。(ちなみに先代の菊丸は焼きたてパンのにおいがしそうだと思っている。1stはオレンジのかおり)アイドル的な菊丸というよりは、単に精神年齢が低い中学生な印象。

「大石のおおばか野郎!」のくだりは子どもみたいで可愛かった。笑顔は勿論いいんだけど、むくれたような子供みたいな表情がすごく可愛い。

1人ダブルスの新曲。動きながら歌うから声もちょっと上下しちゃってた?でも全然気にならないレベル。キラッキラの笑顔が映画館の大画面に大写しになったとき、なんかもうライブビューイングってすばらしいなって思った。カーテンコールでは大石に飛びついていったおんぶしてもらってた。まだ菊丸→→→大石って感じ。両思いになるのはこれからかな。

 

・不二/矢田悠祐

なんというか一言じゃ表せない魅力を持った不二先輩。大好き。

目力があって顔立ちは男らしいんだけど、身のこなしというか座りかたや仕草なんかがすごく優雅。身長と頭身もちょうどよかった。写真よりも映像の方が良くうつる人だと思う。髪型が前下がりな感じですっきりしてるし似合っててすごく好き。首振っても髪が\ブァッサァ/ってならない…!

声は高めで不思議な感じなんだけどなんか少年っぽい? 声量も安定してて上手かった。

カーテンコールで手塚と乾に挟まれてるから、手を繋いで礼するとこで腕をいっぱいいっぱいに上げて背伸びしてて、捕われた宇宙人状態になってたのが可愛かった。

 

・タカさん/章平

筋肉がすごい。軍隊にでもいたのかってレベルのガタイの良さ。青学ユニをあそこまでパツパツに着こなすのはあの人だけだと思う。ラテンの血が混じっているらしく、それにそのマッチョっぷりも相俟ってディズニーに出てきそうな外見。不二先輩と並んだときの美女と野獣っぽさがすごい。7代目は割とみんな顔が薄いからビジュアル的にいいアクセント。

 

・乾/稲垣成弥

出番が少なかったからまた印象が変わるかもしれないけど、いい意味でイモっぽい乾。眉毛の動きが好き。背が高い!

乾先輩はドエスっぽいかっこよさとネタっぽさが同居しててその比率がキャストの個性になると思うけど、この乾はネタ寄りっぽいのかな?

 

・桃城/石渡真修

目が大きくてキラキラしてる。とにかくフレッシュな桃城。前任の上鶴さんの桃城はなんというか余裕っぽさみたいなのがあったからそれに比べて余計に後輩らしく可愛く見えた。越前を起こしにいくところの日替わりもすごく中学の先輩って感じ。次の氷帝戦での忍足桃城戦は先輩と後輩ってところが個人的に大事なので楽しみ。

 

・海堂/木村達成

おそらくこの青学で一番のイケメン。目が大きくて目力が強い。小さい頃スカート履かされたってのも納得できる感じの美形。

なんかモテそう。海堂は思春期っぽいイメージが強いけど、この海堂はむしろ大人になるのが周りより早くてそのせいで上手く馴染めないみたいな雰囲気があったような(これはたぶんわりと妄想)。

声は低めに作ってていい感じに掠れてた。柳生のときの声がかわいい。腹筋がっつり割れ。

 

・トリオ

三人とも顔がなんか似てる。歌はさすがの安定感。マスコット的なトリオ。

 

 

▽比嘉

校歌などから不気味さがより強調されてた。ベンチワークが終始おちつきのない甲斐くんを筆頭にさらにわちゃわちゃ。ベンチの人の少なさを感じさせないにぎやかさだった。ユニフォームの袖口が狭くなったような気がする。

 

・木手/土井一海

割とプレーンなイケメン。ルークさんにはねっとりした色気があったけど、土井くんの色っぽさはなんだか野性的だったような。

スマートさが足りなかったかな~とも思うけど、比較対象がただの二次元からの刺客ルークなので評点辛くなるよね。それでも土井くんなりの木手を作り上げてきたんじゃないかと。負けたあとにチームメイトに手を差し出されたのを振り払うところとかがすごくそれらしい。あとハッスルする田仁志をうるさいって無理矢理すわらせるやつドキドキした。

ズボンがちょっとダボっとしてたかなー。黒一色のラケットがかっこいい。流し目すると白目がすごく目立ってなんか外国人っぽかった。

春川さんの声に肺活量と歌唱力を足したみたいな歌声。掠れてて色っぽい。

中の人はゆるふわ。終演後の挨拶がいっそ癒されるくらいグダグダしてた。「お客様方々」って連発して笑いが起こってた。なんだその日本語!

 

・甲斐/荒牧慶彦

髪型がゆるくなってた!癖っ毛の子が髪を伸ばしっぱなしにしてたらあんな風になるよね、みたいな自然さ。とても犬耳。

バイキングホーンの構えで上体を床につきそうなくらいまで倒してて迫力。声がちょっと高めで好き。「勝てるものか!」ってセリフが叫ぶかんじになっててかっこいい。

ベンチでせわしなくアクションしてて可愛かった。試合展開に対するリアクションも大きいし、周りの子にも積極的に絡みにいってた。

 

・平古場/染谷俊

女顔でセクシー担当。なんか二次創作でよく見る感じというか紅一点みたいな凛ちゃん。やたら肩を出したがる。甲斐くんがワキ担当なら凛ちゃんは肩担当といったところか。あざとい。試合中に暇そうにベンチに寝そべって髪をいじったりしててただの女子。目が大きいから黒い肌に白目部分が目立ってそれがよく分からない不気味さを醸しだしてた。

「邪魔ーすな!」のところは男らしい。声が掠れててガチギレな凛様。ハブの打ち方がかっこいい。ラケットを回すみたいにしてから打つ感じ。

 

・知念/吉岡佑

私的に今公演でいちばんのダークホース

写真で見た時点で美形だなー古川さんに似てるなーとは思ってたけど、そんな美形が知念を演じることでなにかが生まれてた!

相変わらず人外な手足の細長さだけど、初代よりはなんか健康的。立ち方とか座り方とかがゆらーっとしてて不気味。ちょっと重心が傾いてる感じ? 怖い表情がすごく怖い。目をガッてやるやつ。

「わったーの時代はいつちゅーんさ?」のところは数少ない感情の波が見えるところだと思うんだけど、そこでなんかすごく中学生…って思った。熱く演じてた。

カーテンコールでの笑顔の弾けっぷりが素敵。ちょっと泣いてた。そしてなぜか幸村と仲よしで、お姫様だっこしあったりしてわちゃわちゃしてた。可愛いのも大概にして…

 

・田仁志/友常

肉をつけただけのイケメン。肉がついてるのにイケメン。肉襦袢の質量が増えてたかな。お腹まわりのシルエットが丸い。先代に比べると背が低くて、なんか全体的に丸いシルエット。リョーマを挑発するところの動きが妙にコメディ。日替わりもなんだかかわいかった。カーテンコールで一番泣いてたのはたぶんこの方。